闇金からの取り立てを警察は止めることができるのか

   

2016-04-29_021045
何かしらの被害に遭った時に、まず頼りたくなるのは警察です。では、警察は闇金トラブルに対しても解決してくれるのでしょうか。実は、相談して解決することもあるのですが、必ずしも解決できるとも限らないのです。

もし警察に相談するのであれば、交番ではなく所轄の警察署の生活安全課に行きましょう。担当してくれる刑事さんに、闇金業者名とどういった経緯で借りたのか、元金と利息などの情報を細かく伝えます。
その後生活安全課から闇金に連絡してもらい、まずは警告をしてもらいます。闇金は違法業者ではありますが、いきなり逮捕とはなりません。今後取り立てをしないように勧告し、そこで闇金業者が引けば借金がなくなることがあります。警察に相談することは費用がかかりませんので、一番良い選択肢と言えるでしょう。

しかしすぐに解決しないケースもあります。警察によっては動きだしに消極的になることがあるからです。それは、警察は民事不介入という前提があることが影響しております。確かに闇金自体は違法業者です。しかし、お金の貸し借りは民事になります。
介入しにくい点もあるので、まずは様子見をするように、もし暴力などを受けたらまた相談するように、とアドバイスを受けて終わってしまうこともあるようです。
とはいえ、取り立てを止めることができる可能性が高いので、まずは警察に相談するということは間違いではありません。

 - 闇金相談や被害について